保険の領域を超えた保険外治療とは

保険にとらわれない治療として、当院では特殊カイロプラクティックの施術を受けていただけます。この施術は痛みを伴うことのない全く新しい療法になります。(当院のみオンリーワン療法です)

《③保険の領域を超えた保険外治療 + 保険治療 の施術内容のプランは
保険にとらわれない治療と、保険治療とを一緒に受けていただけるプランになります。》

特殊カイロプラクティックとは

特殊カイロプラクティックとは、カイロプラクティックの理論を中心としてオステオパシー・関節モビリゼーション・操体法・整復技術・マッサージ・レイキ(気功)などの理論と技術を集約して進化した療法です。
それぞれの理論・技術の良いとこ取りをして、さらに新たな考え方や技術を伸ばすことで治療の領域が広がった療法です。

特殊カイロの一番の特徴は、無痛で患者さんに負担をかけずに治療でき、治療範囲がすごく広いことです。
小さなお子さんや 100歳の方の、身体も痛めることの無い安心療法です。
また、全身調整の治療を施すことにより、からだに一体感や活力も生まれます。

特殊カイロには、肩こりや腰痛・頭痛などの症状や、しびれなどの神経症状で来院される方が大変多いです。

特殊カイロの基礎となったもの

これまで修得し、特殊カイロの基礎となった療法を簡単に説明すると

●カイロプラクティックとは (整体とカイロは似ていますが別のものです)

背骨と骨盤を重視した理論と技術によりアメリカで誕生した手技療法です。身体の不調は背骨や骨盤などの歪みから起こると考えられ、歪みを正常な状態に正すことで本来の健康状態を取り戻します。

●オステオパシーとは

背骨や筋肉を重視した理論と技術によりアメリカで誕生した手技療法です。カイロプラクティックより早く誕生して、カイロの原点とも言われています。
カイロと考え方や技術も似ています。

●関節モビリゼーションとは

関節の動きを重視した理論と技術が基本となり、関節のこわばりや緩みを関節を取り巻く軟部組織(靱帯や筋など)の調整により、体や動きのバランスを整える手技療法です。

●操体法とは

全身の姿勢や体・動きのバランスを重視した理論と技術により、日本で誕生した手技療法です。
患者さんの身体の動きを利用して全身の姿勢や可動域のバランスを整えることで、身体の正常な機能を取り戻します。

●整復技術(柔道整復術)とは

柔術(武道)が基本となっており、外傷を重視した理論と技術により日本で誕生した伝統的な手技療法です。整復術を施し、早期に日常生活に復帰できるように身体を再構築していきます。

国家資格を持つ、医師と柔道整復師のみに許された療法です。
(昔では現在の整形外科のような役割をしていました。)

●マッサージとは

筋肉や循環系を基本に体内を活性化させる技術です。
外傷の後の療法としてや、スポーツ後の疲労物質の排泄によく用いられます。

●レイキ(気功)とは

体内には血液、リンパ液、電気そして気が流れています。この気
を調整して身体を活性化していきます。
(当院の『気』は、実際にはレイキや気功とは、理論も技術も全く別のものです。イメージしやすいように一般的によく使われている言葉で表現が近いものを使用しました。)

技術を集約して患者さんのお身体に最も良いものを提供しています。

※あいの気療法(特殊カイロプラクティック)は、”患者さんの体に最も良いもの”を求めて進化してきた療法です。そのため、あいの気療法の基礎となった上記の療法へリクエストされても、ご要望にお応えすることはできません。

施術メニュー(3つのプランで強力サポート)

当院では、3つのプランをご用意いしております。

①各種健康保険での治療

保険適応で施術を受けられます。

健康保険の施術詳細

②自賠責保険・労災保険での治療

  • 自賠責保険・・・自己負担はありません
  • 労災保険・・・・自己負担はありません

自賠責保険・労災保険の方は、施術を受けるまでの流れをお伝えします。当院まで一度お電話でお問い合わせください。

自賠責保険・労災保険の施術詳細

③保険の領域を超えた保険外治療 + 保険治療 を受けれます。

整体・カイロプラクティックに、整骨院の治療を合わせて施術しますので効果的です。
保険の一部負担金(1割~3割)分の追加料金はいただきません。当院が負担します。
下記の施術料と保険証の提示のみなのでお得です。

≪ソフト整体・カイロプラクティックの施術料≫

施術料 6,000円
初回検査分析料 2,500円

お得な回数券もあります。

受診のご準備

  • タオル(フェイスタオル)
    持ち物:タオル(フェイスタオル)1枚
    施術の際、頭の下に敷きます。
    ※ご協力お願いします。
  • 服装
    服装:軽装
    服装については スカートはご遠慮下さい。
    衛生上、ベットなどを清潔を保てるよう、作業服などもご遠慮下さい。
    その他は特に決まりはありません。
    動きやすい服装は ◎

治療の流れ

  • 受付

    受付

  • 問診票記入

    問診票記入

  • 問診・説明

    問診・説明

  • 検査・治療

    検査・治療

  • 説明

    説明

対応症状

よくある負傷

「交通事故」に多い症状