新型コロナウイルス予防と熱中症予防のポイント

○ 夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるため、屋外では人と十分な距離(2m以上)が取れる時は、熱中症の予防として、マスクをはずすようにしましょう。

○ マスクを着用しての、強い負荷の作業や運動は避け、こまめに水分補給を心掛けるようにしましょう。多くの汗をかいたときは塩分も補給しましょう。また、人との距離を十分とれる場所では、マスクをはずして休憩しましょう。

○ 新型コロナウイルス感染症予防として、冷房時でも換気する必要があります。
換気の際は、熱中症予防として室内の温度設定をこまめに調整しましょう。

○ 日頃の体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症や、熱中症の予防にも有効です。

令和2年度の熱中症予防行動について(厚生労働省HPより)